有給休暇の仕組み TOP → 有給休暇の基本情報 所得日数

所得日数

有給休暇の所得日数は、継続勤務年数と共に増え、始めに六ヶ月の継続勤務によって十日加算されます。そしてその後、二年六ヶ月までは年一日ずつ加算され(一年半なら十一日、二年半なら十二日)、それ以降は年二日加算されます(三年半なら十四日、四年半なら十六日、五年半なら十八日)。最終的に六年六ヶ月の継続勤務をした時点で二十日の所得となり、これが最大です。

継続勤続年数が六年と六ヶ月になると、これ以降は何年経とうと有給休暇日数がそれ以前のように増えることはありません。しかしこれは増やす必要がないというだけで、企業の判断次第では二十日以上の有給休暇日数を与えても、別に違法となるわけではありません。とはいえ日本国内においては、最低下限以上の有給休暇日数を与えてくれる企業などほとんど存在しないのが、悲しいながらも現実です。

最低でも十日、最高で一年につき二十日の有給休暇日数が得られるようになるわけですが、しかし実際に有給休暇を使用する労働者は、日本国内においては非常に少ない割合となっています。日本以外の各国では必要に応じて使われていることもあるのですが、日本では必要であっても使わない、または使わせてもらえないという事態が発生しています。これは非常にもったいないと言えるでしょう。

有給休暇の所得日数に関して誤魔化すような企業はさすがに無いでしょう。しかし使わせてくれないような企業は数え切れないほど多く、これが日本の有給休暇取得率を下げている原因であると考えられています。


シェードカーテンhttp://www.monreve-japan.jp/style

ドセタキセル 副作用
ドセタキセルの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

カーテン インテリアhttp://www.monreve-japan.jp/

金持ち父さん貧乏父さんhttp://richidad-office.com/ロバートキヨサキやキャッシュフローゲーム