有給休暇の仕組み TOP → 有給休暇の基本情報 休暇の原則

休暇の原則

基本的に、休暇は原則として継続したもので、事情によっては分割することもできます。その場合でも分割された一部は連続で二労働週以上でなければならないのと、原則として放棄してはならないものとされています。もちろん、日本においても労働者は「建前上は」この権利を放棄しておらず、きちんと有給休暇日数を付与されているように見えるでしょう。

しかしながら、実際に有給休暇の消化が他国と比べて消化されていない日本の現状を見れば、有給休暇の権利を放棄していないというのは所詮「建前」であるということが分かります。本来は自分自身をリフレッシュさせるため、労働者は有給休暇を最大限に有効活用しなければならないのです。しかし周りの雰囲気に流され、更に周りが有給を取っていないからと有給を使わず、悪循環によって結局は誰も有給を使えないという事態に陥っているのが現状です。

しかも悪いのはこれだけでなく、上司なども不当な理由によって有給休暇を取らせないよう働きかけるケースが、悲しいながら本当に多いのです。労働者に対して「給与の査定に響くぞ」「ボーナスが減るぞ」などとささやき、有給休暇を取らせない。現実にこのようなことが起こっているのです。本来なら罰されて然るべきですが、現状では横行してしまっているのが事実です。

有給休暇は原則として労働者に与えられ、またその権利は確固として保障されるべきもの。それを不当な理由で使わせないなど、本来ならあってはならないのです。