有給休暇の仕組み TOP → 海外の有給休暇の取得 IFRS

IFRS

IFRSというのは国際財務報告基準のことを指し、International Financial Reporting Standardsというそれぞれの単語のイニシャルを取って付けられた略称です。これは国際会計基準(IASB)によって設定されたもので、元々は国際会計基準委員会(IASC)という国際会計基準のいわば前身が会計基準を設定したのです。

国際会計基準では有給休暇引当金という未使用の有給休暇を費用として計上する必要があります。今後IFRS採用で、日本の有給制度も変化していく可能性が考えられます。とはいえ、日本の有給休暇に関して最も改革しなければならないのは制度ではなく、労働者と企業の意識そのものです。たとえ有給制度が変化しようと、労働者の意識と企業の態度が変わらない場合、結局は有給を効率的に使うことも出来なくなってしまうでしょう。

各国でも、IFRSの採用は徐々に進められております。米国などは2002年9月にノーウォーク合意が米国財務会計基準審議会とIASBの間でなされていますし、2009年時点で既に一部企業においてIFRSの適用が認められているほどです。ブラジルでもIFRS基準での連結財務諸表を2010年中には作成する予定と明言していますし、インドもブラジルより少し遅れますが2011年4月1日以降には採用する予定だということです。

IFRSは徐々に各国でも浸透してきており、未来的には多くの国での採用が見込まれている国際財務報告基準です。


ワンタキソテール 副作用
ワンタキソテールの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!