有給休暇の仕組み TOP → 有給休暇のその他 職務手当

職務手当

企業によっては、職務を遂行することに対する手当てという意味で、職務手当というものがつきます。毎月固定額をもらっている場合は、就業規則に職務手当が支給される最低勤務日数というのがあります。一ヶ月のうちに有給を使い、この職務手当てが支給される最低勤務日数に足りない場合は、手当分が実質減額されてしまうので、職務手当がある場合には注意が必要です。

職務手当というのは、残業代とは別の物です。この職務手当と残業代は、しばしば混同されてしまいがちで、企業は職務手当を支払ってさえいれば残業代は支払わなくて良いなどと勘違い(もしくは故意に残業代を出さないように)しているケースもあるのです。実際は職務手当をもらっていたとしても、超過勤務を行うことになれば、残業代は支払われて当然のものなのです。

職務手当に関して、企業によっては区分をはっきりさせていないというようなことも、時々はあるのです。基本給とは別に支給されるもの、つまり残業代などと混同されやすいのも、定義が曖昧であることからきているのかもしれません。そもそも「職務に対する手当」という位置づけも曖昧ですし、これによって発生する手当の計算に関しても、ほとんどの場合は会社が行っているものです。

職務手当は企業によって細部の要項が変わってくるため、細かいことに関しては自身の勤める企業に確認を取るしかありません。ただし、残業代とは全く別の物であるということだけは、よく覚えておきましょう。


アレルギー性鼻炎 治療
アレルギー性鼻炎の治療なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

品川 透析
品川で透析なら五反田ガーデンクリニック!

レンタカー鹿児島空港
http://www.dgachn.org/

犬のしつけ教室 ペットホテル東京(羽田空港送迎可)
http://pethoteltokyo.com/