有給休暇の仕組み TOP → 有給休暇のその他 公務員の有給休暇

公務員の有給休暇

国家公務員は、勤続年数によらず年間二十日の支給と二十日分の翌年への繰り越しが認められています。この待遇は通常の企業に勤めている(例えばサラリーマンなどの)場合に与えられる有給休暇と比べると、かなり高待遇な扱いとなるでしょう。こういった有給休暇の扱いの良さから考えても、公務員を目指そうと勉強する方は非常に多くなるのです。

有給休暇のみならず、公務員のお仕事というのは、あらゆる面において非常に高待遇であると言えます。「公務員には残業もなく、土日の仕事は休みで、しかも有給休暇を取り放題」という俗説まで流れているほどで、やはり一般のサラリーマンの方と比べると、扱いが良いのは明らかでしょう。

とはいえ、全ての公務員が先述したような高待遇であるとは限りませんし、残業がないというのも状況次第かもしれません。実際のところ、勉強の末にようやく公務員になったというのに、実際の仕事についてみたら残業の山(しかもサービス残業だらけ)と嘆く方もいらっしゃるのです。公務員といっても、確かに高待遇であるところもあれば、通常の企業に勤めているサラリーマンの方と大して変わらないということも、ありうる話なのです。

公務員は高待遇、とはいっても、実際に公務員になってみないことにはどのような仕事をさせられるか分かりません。一般に流れている俗説のような高待遇もありえるでしょうが、逆に思っていたほどサラリーマンとの違いはない、というケースも存在するのです。


超速効型インスリン
超速効型インスリンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!