有給休暇の仕組み TOP → アルバイトの有給休暇 有給の時期

有給の時期

アルバイトの場合、大体において仕事を始めて半年から、有給を取得することができるようになります。しかし細かい規則などが異なる場合、研修期間やタイムカードの導入次第では半年では有給を取得できないケースも少なからず存在しますので、事前の確認が必要です。有給が取得できるかどうかについては、雇用主に相談してみたほうが良いでしょう。

これは雇用主の人格次第なのですが、本来なら有給休暇を付与されるケースになっても、有給について詳しく教えてもらえないという事態も存在します。これは本当に少ないケースですし、そこまで酷い話はそうそうないのですが、しかし法律に関してまだそれほど詳しくない若い学生のアルバイトの方などには、こういった傾向が強くなることがあります。

企業やコンビニエンスストアなどの小売店というのは、常に人手をほしがっているといっても過言ではありません。そのため、たとえ有給休暇が使えるとしても、なんだかんだと理屈をつけて有給休暇を使わせてもらえないケースが、正社員であろうとアルバイトであろうと存在するのです。企業によっては、労働者に有給休暇を使わせないマニュアルのようなものまである始末、これは労働者に対する最も悪しき風潮といっても良いでしょう。

有給休暇は正社員であれアルバイト・パートであれ、基本的には半年以上の継続勤務と八割以上の出勤を行っていれば付与されるはずですので、これを忘れずきっちりと有給休暇日数を付与してもらいましょう。


社章の作成
で探すなら

リーガ エスパニョーラ 動画
リーガ エスパニョーラの動画ならサッカー動画ダイジェストマガジン