有給休暇の仕組み TOP → 有給休暇のトラブル 嘘の理由による有給

嘘の理由による有給

虚偽の理由による申請は処分の対象になることもあるので、無難に「私用」と明記するか、きちんとした理由を伝える方が良いです。しかしながら、きちんとした理由を伝えたとしても、それを会社側(上司など)が受け取ろうとしないケースもあります。本来ならよほどの理由で無い限り、申請された有給休暇を会社側から却下することなど出来ないのですが、このようなことが横行してしまっているのが現状でもあります。

本来、有給休暇に嘘を記す必要というのは無いはずです。しかしながら現代では、有給休暇の申請を受け取ろうとしない不当な会社は跋扈しています。そのため、有給休暇を得るために嘘の理由を書かなければならないというケースも、非常に多くなってきています。有給休暇の申請が受け入れられない不当性を糾弾するべきなのですが、現代人にはそのような習性が少ないため、仕方なく嘘の理由を書くことになるのでしょう。

労働によって溜まった疲労・ストレスをリフレッシュするために、有給休暇はあるはずでした。しかし現代の日本では、よほどの理由がないと有給休暇を取れないという事態が多くなっています。はっきり言ってこのような扱いは不当ですが、基本的には容認されてしまっており、しかも有給休暇を取ると減給・ボーナスダウンに踏み切る悪質な企業もあります。

結果として、有給休暇を得るためには、嘘の理由を書くしかないという事態もありえます。しかしながら本当は、「リフレッシュ休暇」という理由であろうと、きちんと受理されるのが正しいことなのです。


ランタス 使い方
ランタスの使い方なら医療関係者向けの製品情報サイトで!