有給休暇の仕組み TOP → 有給休暇のトラブル 退職時の有休消化

退職時の有休消化

退職日が決まっている場合、時期変更権は無くなるので、会社は退職予定労働者からだされた有給休暇申請は無条件に認めなければなりません。これは法的に決められていることなので、会社側には拒否権はないのです。正社員であろうとアルバイトであろうと同じですので、よく覚えておきましょう。せっかくの残った有給日数を、有効に活用しない手はないのです。

とはいえ、その労働者の代替が利かない場合など、有給が二十日残っており、仮に残労働日出勤日数が二十日であるとき、全てを休まれると会社側が困ってしまうことになるでしょう。このような事態を避けるため、退職する労働者に対してはきちんと業務の引継ぎをさせておかなければなりません。そうしておかないと、その労働者が去ってしまった後、満足に業務の運営も出来なくなるでしょう。

また有給が有り余っているからといって、残りの労働日にそれを使ってしまうのは心苦しい、と考える方もいらっしゃるようです。しかしこの件に関して、本当は何も気にする必要などないのです。むしろ有給休暇というのは労働者に与えられた当然の権利であり、退職前までたくさん残しておくこと自体が日本の有給消化率の低さに拍車をかけている事実ですし、本当はもっと気兼ねなく有給休暇は使われるべきなのです。

退職までに有給休暇が残っている場合、使ってしまわないと損です。企業によっては有給の買い取りを行っていることもありますので、窓口などで相談してみるのも良いでしょう。


抗血小板薬 一覧
抗血小板薬の一覧なら医療関係者向けの製品情報サイトで!