有給休暇の仕組み TOP → 有給休暇のトラブル トラブルの対策

トラブルの対策

有給の取得をしようとした際、会社側が有給の申請を受理しないなど不当なトラブルが起きた場合は、労働基準監督署(厚生労働省の各都道府県労働局の管内に複数設置される出先機関)に相談すると良いでしょう。しかし時折、ここで相談しても解決しない場合もあります。そういった場合は、労働組合に相談するべきです。有給の申請を不当に却下された場合は、早めに行動を起こしたほうが良いでしょう。

有給の申請が不当に却下された場合、しかし多くの労働者は会社とのトラブルを避け、強く出られないと言うケースが多発しています。会社によっては有給休暇を強行しようとした労働者に対して圧力をかけたり、また嫌がらせを与えたりすることもあるようです。しかしこのような行為は、暴力団や小学生の手口です。そんなものに屈しないよう、毅然と立ち向かう勇気もなくてはなりません。

とはいえ、誰もが不当に対して強く反抗できるわけではありませんし、口で言うほど簡単なことではないでしょう。しかしながら、この事実が企業側を調子に乗らせてしまっている原因とも言え、日本における有給消化率の低さの根底となっていると言えなくもないのです。自分のためだけでなく、日本の労働者達のためとも考え、不正・不当を許さない心も本当は必要なのです。

有給のトラブルは、会社側からの不正な申請拒否などが大半を占めます。日本における「有給取得は悪」という間違った見解に、労働者は一丸となって立ち向かわなければなりません。


エアコンクリーニング 岐阜
エアコンクリーニングを岐阜でならまごころ便利屋スマイルで!

プレミアリーグ 動画
プレミアリーグの動画ならサッカー動画ダイジェストマガジン